【テセウスの船1話ネタバレ感想】ほんとうに犯人は父なのか?

この記事はテセウスの船1話のネタバレ感想についてまとめています。

 

このテセウスの船は、31年間殺人犯の子どもとして生きてきた田村心(竹内涼真)が、

 

タイムスリップして、事件の真実に挑む泣ける本格ミステリーです^^

 

テセウスの船1話では、妻の由紀(上野樹里)の”信じてみたいの。大好きな人のおとうさんだから”

 

という愛情にあふれた一言で、心は真実に立ち向かう勇気をもらいます。

 

この記事では、殺人犯の息子としてつらい人生を生きてきた心(シン)が、

 

事件の起こる前にタイムスリップして父・佐野文吾(鈴木亮平)や家族とふれ合ううちに、

 

父の無実を信じられるようになるまでをネタバレしていきます。

 

 

テセウスの船1話ネタバレ

【テセウスの船1話ネタバレ感想】ほんとうに犯人は父なのか?
出典:テセウスの船公式サイト

プロローグ

31年間ずっと父を憎んで生きてきた。

 

音臼小無差別殺人事件。

 

世間に怯え息をひそめて。

 

あなたたちに父親はいないと言われながら。

 

心は事件の真相と向き合う勇気をもらった

心は由紀と結婚し、もうすぐふたりの赤ちゃんが生まれる。

 

由紀は、「心には、好きなことをやって欲しい。教師になりたかったでしょ?」

 

「もうあきらめたよ。やっぱり父親が殺人犯なんだから無理なんだよ」

 

「おとうさんの事件と心は関係ないよ。

 

それにおとうさんは、今も無実を訴えてるんでしょ?

 

信じてみたいの。心のおとうさんだから。。

  

それに、事件のことをいろいろ調べたの。

 

あの事件の前にも、不可解な事件が続いていたみたい」

 

ノートにまとめてあった。

 

しかし、由紀は赤ちゃんを産むと、妊娠中毒症で亡くなってしまった。

 

心は、由紀の言葉を思い出していた。

 

信じてみたいの。心のおとうさんだから。

 

心(シン)はもう逃げるのをやめ、真実と向き合う決意をする。

 

突然の事件の前へのタイムスリップ

事件のあった音臼村は、廃村になっていた。

 

心が訪れると、吹雪に包まれてしまい、吹雪が収まると・・

 

不思議なことに、心は事件の前の音臼村にタイムスリップしてしまったのだ。

 

神社の境内に倒れていた女の子を発見(階段から落ちたらしい)三島医院という病院に運んだ。

 

その少女は姉の鈴で、発見が早かったために、顔の赤みはきれいに消えるらしい。

 

姉はずっと、小学生の時にできたほほの痣を気にしていた。

 

そこに、父親の佐野文吾がやってきた。

 

心は、父・文吾に対する嫌悪感を抑えられず、冷たい態度を取ってしまう。

 

千夏ちゃんは、それでも殺されてしまった

 

ふと、外に出ると、車庫の前に小さな女の子がいた。

 

それは、三島医院の次女、千夏ちゃんだった。

 

心は由紀のまとめたノートを思い出した。

 

1/7 三島千夏ちゃん 倉庫でパラコートを飲んで死亡。

 

今日だった。

 

心は事故を防ぐために、三島医院の倉庫からパラコートを持ち出して、中身を捨てた。

 

その後、心は千夏ちゃんを佐野が連れているのを見るが、吹雪で見失ってしまった。

 

ところが、倉庫で倒れている千夏ちゃんがみつかったのだ。

(亡くなっていた)

 

心は、再び佐野への疑惑でいっぱいになっていた。

 

やはり父・佐野文吾が犯人なのか。。。?

 

本当に犯人は父だったのか?

心は交番の佐野のデスクの奥に、パラコートの入れ物を発見する。

 

やっぱり。。

 

佐野に張り付いて事件を防ぐんだ。

 

一方、佐野も心の荷物を調べていた。

 

見たこともないお札。そして、免許証には未来の日付けが書いてあった。

 

ノートに書かれた次の事件は、木村メッキ工場の木村敏行が、雪崩に巻き込まれる。

 

心が木村メッキ工場に着くと、木村敏行が出かけるところだった。

 

行かないように説得するが聞き入れてもらえず、軽トラックで出かけてしまった。

 

そこに佐野がパトカーで通りかかったので、心は木村さつきと共にパトカーに乗り込み、大声で「止まれ~~~」と何度も叫んだ。

 

軽トラが橋の途中で止まったとたん、向こう側を雪崩が襲った。

 

4人は茫然。

 

さつきが「あなたは未来が見えるの?超能力なの?」と言った。

 

数日後、千万署の金丸さんが、心を連れに来た。

 

三島さんのうちの倉庫から、パラコートを盗む心を見たという目撃者がいたのだ。

 

 

父との絆・俺のとうさんだ!

1/10 心(シンは釈放された。

 

「あんたの指紋の付いたパラコートの容器が出たらおわり」

 

心は捨てたパラコートの容器を探しに行くと、鈴を見かける。

 

「明音ちゃんがいないの」

 

明音ちゃんが失踪するのは2日後のはずだ。

 

なぜ?

 

すると、雪の上に残された足跡の先に、明音ちゃんをおぶった佐野が見えた。

 

突然、銃声が聞こえ、心は音の方に走る。

 

すると、、血が。

 

何があったんだ!!

 

足跡を追うと、崖の下に明音ちゃんが。。そしてその隣には佐野がいた。

 

すると明音ちゃんが、

 

「助けに来てくれたの。道がわかんなくなって怖かった」と。

 

「妹と、森でりすにえさをあげる約束を守ろうとしたんだ」と佐野が言った。

 

「季節はずれのクマが出て撃ったら落ちて足を痛めた」

 

明音ちゃんを引き上げ、次は佐野に手を伸ばすと、

 

「子どもを守るのが大人の使命だろ。俺はいいから明音ちゃんを早く連れていってやれ」

 

と言うのだった。

 

心は先に明音ちゃんを他の者に頼んでから佐野の元に戻った。

 

佐野は倒れていた。気が付くと「明音ちゃんは無事か?」と言った。

 

全身の力を込めて引き上げる。

 

「家族のために帰らないと・・俺はあなたに生きていて欲しいんだ!!!」

 

佐野を引き上げ、ふたりで倒れこむ。

 

生きててくれてありがとう。ようやく信じることができた。

 

この人は俺のとうさんだ!!!

 

殺人犯じゃない!!!!

 

 

その夜、露天風呂で心は父・佐野文吾に「2020年の未来から来たんです」と打ち明けた。

 

「未来では、車は空を飛んでるのか?」

 

「まだ、飛んでないです。でもAIという人工知能とか・・」

 

「何がどうなろうと、俺は未来でも家族とやかましくしていたいね」

 

父・佐野文吾は、鼻歌を歌い出した。

 

父が歌うその歌は、心が子どもの頃からよく知る歌だった。

 

俺はずーーとつながってたんだ、とうさんと。

 

世界で一番家族と向き合える男だよ!とうさんは。

 

父が持っていたパラコートの容器は、心が捨てた容器だった。

 

 

テセウスの船1話 感想

テセウスの船1話私の感想

ずーと怪しかった父でしたけど、最後に信じられてよかったです。

 

しかも、めちゃめちゃ熱くて、いい人だったですよね。

 

時々出てくる、ワープロの打ち出し画面は、真犯人のものらしいですけど。

 

千夏ちゃんのパラコート事件の後に、”思ったより時間がかかった”と書いてるのが気になりました。

 

パラコートは、死亡するまで少しタイムラグがあるのかな?と考えると、

 

もしかしたら少しずつ、何かに混ぜて飲ませていたのかもしれないと思ったり。

 

そして、”超能力”というキーワードは、木村さつきが言ってた言葉なので・・さつき先生怪しいですよね。。

 

真犯人のワープロの打ち出し画面にも、同じ”超能力”という言葉が使われていました。

 

それに、あの木村敏行が巻き込まれるはずだった雪崩れの事故の時に、その場にいたのは心、佐野文吾、そして佐野さつきだけでした。

 

真犯人は実験をしながら、無差別殺人事件へ向けて動いてるのは、間違いないようです。

 

パラコートは、その事件に使うには向かなかったということで、次は何を試そうとしているのか?

 

音臼村で起こる小さな事件や事故も真犯人が起こすことなんでしょうか?

 

テセウスの船1話 みんなの感想

やっぱり、あのワープロの画面・・気になりますよね~~

あと、私も「え?」って思いましたけど、永倉奈々さんの老けメイクが、やりすぎって意見多かったです^^;

テセウスの船1話ネタバレ感想まとめ

 

  • 心、突然タイムスリップして31年前へ
  • 千夏ちゃん殺害事件は防げなかった
  • やっと父を信じることができた

https://youtu.be/kURI9IiNNO8

次回は、鈴がいなくなるのでしょうか?

 

せっかく信じあえそうになってきた心と父なのに。

 

心は再び警察署に連れていかれるのか?

 

真犯人が新しい行動を起こしてきそうですね。

 

怖いけど、テセウスの船2話も楽しみです。